お買い物

汚れ具合は?耐久性は?ベルメゾンの靴下、1年間履いてみた!

早いものでもう入学式から1年が経とうとしています。
昨年の今頃、小学校に上がるにいたり、学校規則で白い靴下が必要となりました。

白い靴下は足底がすぐ汚れてしまうのが悩みですよね…。
私が小学生の頃、実家で母が靴下をつけおき洗いしたり、こすったり、
苦労して白さを保とうとしてくれていたのを思い出します。

でも私はフルタイム勤務!
共働き!
実家と同居している訳ではないし、お手伝いさんはいない!
いかに日々の家事を手早く済ますかは永遠の課題です。

汚れるたびに靴下を買い換えていたら、いくら安いアイテムでもバカにならないし、
すぐ捨てる姿はこどもの教育的によくないですよね…。

そんな我が家が選んだのはベルメゾンの白い靴下です。
これの何が優秀って、足底が汚れの目立たないグレーという点。
ワンポイント刺繍入りなので、長女も喜ぶし、学校でも失くしにくいのも高ポイントでした。

6足買って1年履き倒したので、先日新しく6足、同じものに買い換えました。
「足底濃色刺繍靴下3柄セット」は刺繍4柄(A~Dタイプ)×丈2種類(クルー、ハイソックス)
から選べます。
また、刺繍なしタイプ、紺色タイプと、様々な種類があって、人気の高さがうかがえます。

耐久性や傷み具合など、新旧比較つきで検証したので、
学校用の靴下を探している方、ぜひご覧ください!

足底の汚れはやはり目立たなかった!

購入時に一番心惹かれたのは、「汚れが目立たない」足底濃色という点です。

1年履き倒した画像はこちら↓

どうですか?
最初から足底がグレーだと、汚れなんてついても判別できないですよね。
お陰で汚れを落とすためにゴシゴシ予備洗い…といったことは必要なくて、
脱いだらそのまま洗濯機にポイ!

毎日のことなので、本当にありがたかった~。

全体的に毛羽立ち、毛玉はできる

画像左が1年履き倒したもの、右が新規購入したものです。

遠目では、そこまで傷んでる感じ…わかりませんよね?
でも寄ってみると…

さすがに毛羽立っています。
そして右の新品に比べて、黄みがなくなって白(画像ではやや黒く見えますが)になっていました。

そう、この商品は「オフホワイト」とベルメゾンの商品名にあります。
元々はオフホワイトなのが、洗濯を繰り返すうち、白くなっていたんです。
でも、黒くなるのは嫌だけど、白くなるのは全然オッケー!


ただこれはたまに(二月に一度くらい)、酵素系洗剤ポールでもみ洗いをしていたからこその
白さなのかもしれません。
白く見えるけど、念のため…と一度ポールを使ってみたら、どんどん水がグレーに染まる…!

さすがポール様です。
見えない汚れが浮き出てきて、靴下がそのままでも問題なく「白く」見えていたけど、
「より白く」なったので、たまにポールで洗うようにしていました。
ポールって何?という方は、ぜひ下の記事も読んでみてください。
世の中には泥汚れも強力に落とすことのできる、凄い洗剤があるのです…!

泥汚れバスター「ポール」外遊びが楽しい季節になりました〜。 双子の通う保育園はこどもの好きなことをたくさんさせてくれて 毎日楽しそうな様子が保育園ノートからも伝...

あと足底のほうは毛玉が少しできています。
こちらもたまに毛玉取りをする必要がありますが、2カ月ごとくらいだったので、
大した手間ではありませんでした。

新旧比較すると縮んでいた!

左右に置いてみると、あれ?なんだか古いほうが小さい?

重ねてみると…

同じサイズを買ったのに、やっぱり古いほうの丈が短い。
画像ではわかりやすいように多少ずらして重ねていますが、長さが1cmくらい縮んでいます。
まぁでも、縮むくらいどうってことないです。

6足買ったうち、穴が開いたのは1足のみ。
その穴も、自然に開いたのではなく、毛玉取り機で生地を傷つけたところが弱くなり、
穴が開いてしまったものです。

平日5日を6足で履き回して1年、この耐久性には満足です!

まとめ

買ってよかったです、ベルメゾンの足底濃色刺繍靴下!

  1. 1年もつ耐久性
  2. 汚れが目立たない
  3. お値段も3足で790円(8%税込、2019年3月現在)

無駄な洗濯に取られる時間もなかった、ストレスフリーな靴下として、今後も買い続けます。

ベルメゾンはほかにも、お受験に使えるワンピース、ちょっとおめかし用のワンピース、
保育園用のガンガン洗える服、リーズナブルで色々あるので季節変わりには大量注文しています。

以前ズボンが破れて電話したときの対応もとてもよいものだったので、
西松屋の安さには敵わないけど、価格と品質のバランスがよいと思います。
これからも頑張って欲しいですね!