おうち学習

安く手軽に良質な絵本を読み聞かせ!月刊絵本「こどものとも」のメリット

情緒の発達によい、集中力が身につく、親子の絆が強まる、語彙力の伸びに必要だ…。
読み聞かせの大切さがあちこちで語られていますね。


我が家もこどもには本好きになってほしいと、積極的に本を読んであげるようにしています。
そのおかげか、長女は大の本好きで、宿題を忘れて本をひたすら読む生活
(嬉しいけど宿題を忘れるのは困りもの~)。
今では学校の図書室から小学生向けの読み物を借りてきて、
一日一冊のペースで読んでしまうほどです。
双子も身近に本がたくさんあるおかげか、本が大好きで、姉の隣で本を抱えています。
私もこどもの頃は家に世界の童話100冊があり、常に本を読んでいた記憶があって、
それが今の仕事に繫がっています。

それにしても、最初の頃は絵本の高さにびっくりしました。
自分がこどもの頃読んでいて大好きだった絵本などは書店で購入したのですが、
一冊1000円前後はしますよね。
だからみんな図書館で絵本を借りるんだな~と納得したのですが、
子連れでしょっちゅう図書館通いというのも、図書館が近くないとしんどい。
自分が知っている本以外に、こどもにどういった本を読んであげるのがいいのかな?
と選ぶ視点もわからなくて。

そんな時、いきつけの書店さんの店頭で福音館書店の「こどものとも」を知りました。
一冊440円という安さで、老舗出版社が選んだバラエティ豊かな絵本を、
毎月購読できるシステムです。
対象年齢ごとにラインナップがあり、おはなし絵本だけでなく、
身近な自然を題材にした「かがくのとも」もあります。
5年ほど購読してとても良かったので、その利点をまとめました。

読み聞かせを積極的にしたい!
けど絵本は高い、選び方がわからない、そんなママのお役に立てたら嬉しいです。

福音館書店の「こどものとも」とは

 

1956年の「こどものとも」刊行以来、『ぐりとぐら』『はじめてのおつかい』『きんぎょがにげた』などのロングセラー絵本を生み出してきた、信頼の月刊誌シリーズです。

季節や成長にあわせたバラエティ豊かな絵本で、子どもたちの好奇心と想像力を育みます。

福音館書店

 

「こどものとも」は、絵本とかがく絵本の2タイプがあります。
さらに対象年齢ごとに細かくシリーズが分かれています。

毎月一冊の新作絵本が届けられます。
申し込み方法は3つあり、

  1. 書店注文(月1回書店で受け取り)
  2. ネット注文(自宅へ送付)

     Fujisan.co.jp (国内)、海外発送は→ 株式会社OCS

  1. 取り扱いのある一部保育園・幼稚園

 

での申し込みができるそうです。

年間購読料(12ヵ月分・8%税込)

  • 幼児向けシリーズ…店頭注文5,280円(毎月440円) / ネット注文6600円(送料込み)
  • たくさんのふしぎ…店頭注文9,240円(毎月770円) / ネット注文10560円(送料込み)

 年間でこの安さは魅力的!
我が家は店頭受け取りでしたので、毎月店頭で1冊分の料金を支払っていました。

私が感じた「こどものとも」の良さは

我が家は長女のときに「こどものとも0、1、2」から始め、「こどものとも年少版」
「こどものとも」「ちいさなかがくのとも」「かがくのとも」を購読しました。

実際に購読して、月ごとに季節に合った、その年齢のこどもが興味を持ちそうな題材や
内容の絵本が選ばれていたため、とても満足しました。

春ならば春の息吹を感じる物語。
かわいいひよこや犬、働く車、靴など身近なものが主役の物語。
動物がお母さんからおちちを飲んでいる絵本は、我が子たちも読んでもらいながら
自分たちの体験と重ねて感じるものがあるらしく、瞳を輝かせて聞き入っていました。
パンダの出てくる絵本は、上野動物園のシャンシャンを思い出したり。
長女は「ちいさなかがくのとも」で取り上げられたキノコがきっかけになって、
キノコ図鑑を欲しがり、一時熱心にキノコを勉強していたときもありました。

  1. 季節、こどもの発達に合わせた内容の絵本が届く
  2. 親がバラエティ豊かな絵、内容のお話をこどもに与えられる
  3. 安全面に配慮された作り(赤ちゃん向けシリーズは厚紙で角が丸い)
  4. 同一シリーズで大きさが同じなので本棚にしまっても綺麗
  5. 一冊が薄いので本棚の収納力を圧迫しない
  6.  家で読み聞かせをするにも外出時に持ち運ぶにも負担のない大きさ

特に私がおすすめするのは、すでに書いたとおり1つめの理由と、2つめの理由!

親が選ぶと、どうしても自分がこどもの頃好きだった絵本や、
好きな絵柄、作家の絵本に偏りますよね。
実際「こどものとも」が届くようになって、絶対自分だったら買わないな~って思える
絵柄の絵本が届いたことも。
でもこどもの反応は大当たり!
力強い絵だったり、繊細な絵だったり、絵本によって色彩も技法も全く違いましたが、
どれもこどもの心を打つようです。

親が見向きもしないものがこどもの心を惹く…その大切な「好き!面白い!」という
大人と違った「芽」を、親フィルターにかけずにこどもに届ける大切さを知りました。

親の好きなものが、こどもにとって同じく好きであるとは限らないし、
個性を育てる意味では、親フィルターを通さず色々なものを与えて「乱読」させたほうがいいはず。
そういう意味で、老舗出版社が選んだバラエティ豊かな絵本を届けてもらう価値を感じましたね。

理由3~6は主に親目線で、安全面、収納のしやすさ、軽さ、などを挙げました。
絵本って大きさがバラバラで本棚に収納しにくい!
持ち運び用の絵本を別に買わなくてはいけない!
そういうことがないのも、「こどものとも」の良さです。

あと赤ちゃん向けは厚紙なので、我が子のようになんでも口に入れて
絵本をベロベロにしちゃうお家にもおすすめです…。
目を離すと本を千切ったり舐めるので、図書館の本を借りるのがためらわれたんですが、
厚紙の「こどものとも0、1、2」は、我が家の双子のベロベロ攻撃にも耐えて、
今でも綺麗な状態です!

おすすめの絵本シリーズ「こどものとも」、書店店頭で一冊だけ購入することもできるので、
ぜひ一度見てみてください。

沢山の本を読んで、沢山の語彙や絵をインプットして欲しいなぁと思います!